読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いわき海洋調べ隊「うみラボ」活動のきろく

いわき市に誕生した、有志による団体「うみラボ」。けんきゅう員が日々の活動やイベントのお知らせを綴っていきます。

小名浜でイワシを釣ってみた件

皆さん明けましておめでとうございます。うみラボけんきゅう員、釣りキチの八木です。今年もボチボチとうみラボ頑張って参りますのでよろしくお願いいたします。

さて、以前の記事の続きです。

12月中旬の話になってしまいますが、イワシ大爆釣の報を受け、週末小名浜に向かいました。毎年この時期になると小名浜港にはイワシの群れが入ってきて簡単にサビキで釣れるんです。今年もそういう季節がやってきたんですね(しみじみ)。

早朝アクアマリンがある2号埠頭へ。先の記事でサヨリを釣った先端ではなく車を止めてすぐの場所です。こんなところがイワシポイントだとか。さすがに朝は冷え込むので(この日気温1℃)人は少なめですが数人の方がもう釣っております。

f:id:UMILABO:20141213072007j:plain

早速サビキを用意します。

f:id:UMILABO:20141213072336j:plain

餌は「アミ」と呼ばれる小型のエビです。これを巻いて魚を集めサビキという疑似餌で小魚を釣る訳ですね。

また「サビキ」は小魚(イワシやアジ等)を釣るのに最も優れた釣具と言われ世界中の漁師や釣り人に「SABIKI」として親しまれ使用されてるそうです。

グローバルスタンダード!SABIKI!!


そんな世界に誇るSABIKIで簡単にイワシゲット!

f:id:UMILABO:20141213073754j:plain

サビキは初心者にも簡単に釣れて楽しい。またイワシやアジ等美味しい魚がたくさん釣れる。こういうところが世界に愛される秘訣なのですな。勉強になります。SABIKIは偉大なのです。

しかしながら!なぜかこの後が全然続きません!(哀

「昨日は釣れたんだけど…」。隣の方が呟きます。釣りでは良くある光景ですね。はい。私はいつもこんな感じです。昨日釣れたからと言って今日釣れるとは限らない。世界のSABIKIでも魚がいなければ釣れないのです(涙

さて、このイワシ、先の記事にも書いた通りN.D.だったそうです。

f:id:UMILABO:20141221230312p:plain

回遊系の魚で一カ所にはとどまらず、ずっと広い海を移動する魚です。またイワシは3〜5年が寿命だそうで、震災時成魚だった個体が残っていそうですが、それは水族館等で飼育してる場合がほとんどで、野生のイワシ(これなんか言葉が変な気がしますがw)は、ほとんどの個体がその前に魚食性の強い魚に食べられてしまうそうです(泣)

魚に弱いと書いて鰯。なるほど。そういえばヒラメを釣る時もイワシが餌でしたね(^^;

と、なると、前回のサヨリ同様『回遊性が強く』『(魚食性の強い魚の餌になるような)サイクルの早い』魚はかなり安全性が高いのではないかという事になるんでしょうか。

さて、そんなこんなでこの日はその後お昼頃まで粘ったのですが釣れたイワシは結局たったの二匹(哀

そんなダメダメな私に追い打ちをかけるがごとく富原せんせいがお昼休みに様子を見にきました。「駄目ですよ〜、釣れない日に来ても。釣れてる時に走って来ないと(満面の笑顔)」。いやいや待てw職場が目と鼻の先の人にしかそれは出来んだろw

「釣れないイワシよりイシモチなんかどうです?昨日小浜で150匹も釣っちゃいました。日中もワームで釣れるみたいですよ」と富原せんせい。

なにぃぃっぃ!今度はイシモチだと!!なんですかこの試練は!

しかしさすがにイワシ2匹ではカッコつかないのでそのまま小浜港に向かう事になりました。

(次回イシモチ編に続く
(ちなみに年末もイワシはそこそこ数は出てたようなのでまだまだチャンスはあるようです)