読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いわき海洋調べ隊「うみラボ」活動のきろく

いわき市に誕生した、有志による団体「うみラボ」。けんきゅう員が日々の活動やイベントのお知らせを綴っていきます。

うみラボ第3回福島第一原発沖調査レポ(後編1)

福島の海についてのいろいろなことを、まずはとにかく自分たちでやってみる。気になるところには実際に行ってみる。気になるものは実際に調べてみる。そんなDIY精神でレッツ海洋調査!

皆さんこんにちは、前回に引き続き、「うみラボ」けんきゅう員の小松です。

第4回のうみラボ海洋調査のレポート後半です。前回のレポートでは、福島第一原子力発電所沖での海底土の採取、それからサンプル魚の採取(釣り)についてレポートしましたが、今回は、採取した魚の放射性物質の計測の結果などについてお伝えしたいと思います。

計測にあたっては、アクアマリンふくしまの富原聖一獣医にご協力頂きました。改めて御礼を申し上げます。計測結果については、すでにですね、トゥゲッターのまとめや、参加者のツイッターでの発信でご存知の方も多いかと思いますが、今回のレポートではさらに改めて詳細にご紹介します。


―海底土を計測してみる

計測にあたりましては、こちら「NaIシンチレーションスペクトロメータ」を使用。このNaIはですね、放射性ヨウ素放射性セシウムを簡便に計測できるということで、農産物の計測などにも幅広く使われてきた計測器です。パソコン上でリアルタイムに数値やグラフが動いていき、100Bq/kg超えるか超えないかぐらいなら数分で見ることも可能です。

f:id:UMILABO:20140719150642j:plain
こちらがNaIシンチレーションスペクトロメータ

f:id:UMILABO:20140719151209j:plain
マリネリ容器に海底土を詰めて計測に入る


まずは福島第一原発沖1.5キロのポイントで採取した海底土の結果です。

f:id:UMILABO:20140719161442j:plain

セシウム137、セシウム134合計で233ベクレル/kgという結果でした。原発沖1.5kmという距離を考えると、想像していたより低い値ですね。

ちなみに前回の調査では417ベクレル/kgでした。今回はそれに比べれば低い値ですが、放射性物質は「移動」しますし、ホットスポットもどこにあるかわかりませんので、この数値をもってして「原発事故の被害は軽微だった」とは申しません。

ただ、水産試験場などの検査結果を見ると、当該海域の「海水」の放射性物質は、今回使用した「NaIシンチレーションスペクトロメータ」では測定できないぐらい低い値ではあります。また、農地の汚染が数千ベクレルであることと比較すれば、海底土の汚染のほうがかなり軽微であることがわかります。

「海底土が汚染されているのだから海水も汚染されていて、したがって福島の魚も汚染されているはずだ」と感じてしまう方も多いと思いますが、現場の数値からは「海底土は汚染されているが、放射性物質は海水にはほとんど移行しておらず、魚自体に与える影響は低い」という傾向が読み取れます。


続いて、福島第一原発沖2.5kmの海域で釣ったヒラメの計測に入ります。

f:id:UMILABO:20140719154709j:plain

ツイッターでの発信の際、うみラボメンバーや参加者のツイートが前後したり、我々の情報発信に不備があったことで誤解を生んでしまいました。ぷろっぷ(@teammaruyu2gou)さんどぶろく(@doburokusan)さんから適切なアドバイス・ご意見を頂戴しました。情報の発信については、今後さらに注意を払いたいと思います。ありがとうございました。

まず、簡易的な「仮検査」のため、ヒラメを5枚おろしにし、骨以外の4本のサクをラップで包み、底が平たい「V11容器」にギュっと押し込んで計測しました。

f:id:UMILABO:20140719155910j:plain
アクアマリンふくしまの富原せんせいが手際よく5枚に下ろし

f:id:UMILABO:20140719161152j:plain
仮測定のためV11容器につめて計測する

本来は、計測の精度を高めるため、身をすり潰して計測すべきなのですが、「計測して安全ならば食べよう」という参加者もいたため、「サク」の状態で短時間の “仮計測” をしています。すり潰しちゃうと刺身じゃなくなっちゃいますから。


さて、測定結果です。

ヒラメA 全長65cm/体重2421g/仮測定(サク・V11容器)
f:id:UMILABO:20140719184604j:plain
セシウム137 21.0ベクレル/kg
セシウム134 9.5ベクレル/kg
セシウム合計 30.5ベクレル/kg
という結果でした。

仮測定ではありますが、合計30ベクレルと国の基準値である100ベクレルを大きく下回ることがわかります。ですのでこの時点で「刺身で食べる!」という選択肢はアリです。もちろん食べないという選択肢も当然アリです。我々うみラボとしては、その選択は参加者の皆さんにお任せするスタンスです!!

さて、ここからが本測定です。富原せんせいにお願いし、あまったサクをミンチにして、マリネリ容器につめて計測しました。しっかり60分計測しております。

ヒラメA 全長65cm/体重2421g/本測定(ミンチ・マリネリ容器)
f:id:UMILABO:20140731200224p:plain
セシウム137 16.3ベクレル
セシウム134 ND(検出限界9.8ベクレル
セシウム合計 16.3ベクレル
という結果でした。

セシウム134が不検出となっていますが、富原せんせいによれば、「セシウム134は、現場の割合から137の半分より少し低いほどと考えられるため、合算で25Bq/kg前後になるのではないか」ということでした。

と、ここまでが、ツイッターで即日公開した内容です。

うみラボでは、さらに2枚のヒラメの放射性物質の測定を、仙台在住の津田和俊せんせいのところにお送りし測定し、さらに念のためそれをアクアマリンの富原せんせいに送り直して計測して頂きました。以下の結果は、アクアマリンでの計測結果です。

ヒラメB 全長56cm/体重2100g/測定には筋肉のみ500gを使用
f:id:UMILABO:20140731200301p:plain
セシウム137 101ベクレル
セシウム134 37.2ベクレル
セシウム合計 138ベクレル

*******************************

ヒラメC 全長58cm/体重2000g/測定には筋肉のみ500gを使用
f:id:UMILABO:20140731200808p:plain
セシウム137 16.4ベクレル
セシウム134 7.33ベクレル
セシウム合計 23.8ベクレル

ということで、ヒラメBはセシウム合計で138ベクレルと、国の基準値を超える高い値が計測されました。ヒラメCは23.8ベクレルでしたが・・・うーん、やはりヒラメという魚は「個体差」があるということでしょうかね。

ヒラメの傾向として、50cm以上の大型のものは、原発事故時にすでに成魚になっていたと考えられ、事故直後の汚染水の影響を受けた可能性が高いと言えます。これに対し50cm未満のヒラメは、震災時産まれてないか幼魚であり、放射性物質がすでに希釈された海で育っていますので、個体差はあるものの多くの個体がNDという結果になるようです。

今回、3尾(いずれも50cmオーバー)のうち2尾は、国の基準値を大きく下回る結果が出ました。原発直近の海域ですし、ヒラメは「底魚」ですので、「こりゃあ高い値が出るだろうな」とは思っていましたが、3尾中2尾が20ベクレル程度だったのは意外でした。

富原せんせいによれば、ヒラメは主にイワシやアジなど小魚を食べる魚で、一箇所にとどまらず餌を追いかけて移動しているそうです。さらに、その餌となる小魚のほとんどが震災後産まれた魚であり、なおかつ広い海域を回遊する魚であるため、大型のヒラメの多くは、ここ2年あまりこうした小魚を捕食し続けた結果、汚染が抜けていったのであろう、とのこと。

一方で、ヒラメBのように「抜け切らない」個体もあるわけですよね。震災直後の大量の汚染水の影響を受けたものと推察されます。このような100ベクレルを超えるようなヒラメは今でも「100尾測って数尾程度」は見つかるようです。ヒラメがまだ試験操業の対象にならないのも、このあたりの事情を勘案してのことなのでしょう。

100ベクレルを超える個体が出てしまったことについて、うみラボ計測アドバイザーの津田せんせいにお話を伺うと、、、

最初は一匹目のヒラメが拍子抜けするほど低かったことに驚きましたが、それより小ぶりだった2匹目のヒラメが基準値を超えてしまった現実に直面すると、やはりまだまだ油断は禁物のようです。
しかし今回の3匹のヒラメを総合的に見ると、やはり想像以上に低いですね。決して悲観することはなく、将来的に大きく希望の持てる状況のように思います。
ヒラメに関してはもう少し数を増やせば大まかな傾向は確定できそうですので、あとは他の魚種についても調べていきたいですね。

という前向きなコメントを頂きました!!


―では50cm未満なら絶対安全なの?

さきほども少し触れましたが、これまでの水産試験場の調査などから、50cm未満のヒラメであれば、震災時には生まれていないか稚魚だったため、震災直後の汚染水の影響をほとんど受けていないことがわかっています。

しかし、ヒラメは「個体差」がある魚種ですので、「小さければ100%安全」というわけではありませんし、逆に、震災後産まれたヒラメなのであれば、「事故直後の影響」はなくとも、「現在の福島第一原発近隣の環境からの影響」が読み取れるかもしれません。

ううん。やはり「決めつけ」がよくないということですね。魚種が同じでもこれだけ状況が違うわけですから、「福島の魚」と一括りにしていては状況がまったくわからないということなんです。安全性が確認されたものもあれば、ちょっとまだ確定はできないなって種類もある。ってなわけで、今後も継続して調査していかないといけないなあと改めて感じた次第です。

ということで、次回のエントリ(後編その2)では、計測したもう1種、アイナメの計測結果についてレポートしたいと思います。こちらも大急ぎで近日中にアップしたいと思いますので、少々お待ちを。